MENU

プロミスの審査時間を早くするための3つのポイント

プロミスの審査時間は最短30分とスピーディーですが、あくまでこれは最短での話であり属性や申し込み状況などによって審査時間は個人個人で変わってきます。では、プロミスの審査時間を早くするために何かできることはあるのでしょうか。

 

プロミスの審査が早いのは、そもそも審査が自動化されているためです。キャッシングの審査は大きくわけて属性と信用情報とに分けられますが、属性は申込者のさまざまな情報を過去の利用者データの実績と照らし合わせて点数化し、その点数に応じて審査の可否や融資額を決めています。また信用情報も信用情報機関にて共有化されていますのでこれを確認します。

 

自動的に決まっているなら、審査時間を早くするためにこれ以上何かできるわけではないのか?というと、そうではありません。審査を受けるにあたって、これを間違えてしまうと逆に審査が遅くなってしまう、というポイントがいくつかありますので、急いでいるときこそこの点に注意して下さい。

 

【誤入力・誤字がある】
よくあるのが、住所の間違いです。いつも書き慣れているはずの自分の住所の郵便番号や番地などを間違えてしまう方は少なくないようです。キャッシングの申し込みをしている方は急ぎの方も多いですし、焦っている気持ちもわかりますが、間違いが多いと再確認のやりとりもあり審査が遅くなりますし、またあまりにも多い場合にはいいかげんな人と判断されて審査の可否にも影響がでかねません。間違いのないよう、急いでいてもここはしっかりと入力するようにしましょう。

 

【必要以上の希望借入れ額】
年収など属性によっても違いがありますが、一般的に希望額が大きい場合には審査に時間がかかる傾向にあります。借りられるかどうかわからないから一応多めに書いておこう!と考える気持ちはわかりますが、ある程度の額になれば必要書類が増えることもありますし、無計画に借りてしまうのは返済のことを考えると危険です。希望額はほんとうに自分が必要な額だけにしましょう。

 

【虚偽の申告】
当たり前のことですが、審査を有利にするために年収や借入件数など虚偽の申告をしてしまわないようにしましょう。借入件数や金額は審査の際に信用情報機関に必ず確認しますから嘘をついてもすぐにわかってしまいますし、また年収についても過去の利用者の膨大なデータにより年齢や会社の規模からある程度の検討がつくのだそうです。明らかな嘘は審査が遅くなるというよりも審査に落とされる可能性のほうが高くなります。自分に不利な属性であったとしても、申告は正直に行いましょう。