MENU

プロミスカードを郵送にしないためには?

プロミスでこれから借入をしようとしている方に、注意をしてほしい点があります。それは、『郵送』についてです。キャッシングで契約してお金を借りる場合、ローンカードと契約書類を作成します。これらの手配方法を郵送にしますと、自宅に簡易書留郵便で送られてくるからです。

 

もちろん、プロミス側もプライバシーに配慮をしていますので、差出人名に「プロミス」などとは書いたりしていません。差出人名は「事務センター」と書かれてくるようですのでわからないと言えばわからないでしょう。しかしながら、簡易書留郵便というのはあまり一般的な郵送物ではありませんし、自分がいる時間にくればいいですがもし家族がいる時間に来た場合に…と考えると、できれば郵送手配にはしたくない、と考える方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、申し込みの時点で【ご契約方法の選択】という入力項目があるかと思いますが、家族に借入のことを知られたくない、という方はここをWeb契約や郵送契約にしないことをおすすめします。郵送契約にしない、というのはわかるとして、なぜWeb契約?と思われるかもしれませんが、Web契約の場合、契約内容の確認自体はインターネット上で行われますが、契約書類とカードは簡易書留郵便での手配になるのです。

 

そのため、家族に内緒で借入をしようと考えている方には、来店契約をおすすめします。来店契約はお客様サービスプラザ(店鋪)だけでなく、自動契約機でも大丈夫です。自動契約機は全国各所に数多く設置されています。こちらでは契約書類の作成とプロミスカードの即日発行が可能なので、郵送物について気に病むこともありません。

 

また、【書面の受取方法について】という入力項目もあるのですが、このときにも郵送にて受取ではなくパソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認を選択しましょう。こちらを選択すれば、利用明細書や受取証書など法律にもとづいて交付する書面が郵送で届いてしまうことを防げます。